2020年5つの厳格基準を変更!

明けましておめでとうございます。

本年も素晴らしき地場ビルダーランドを宜しくお願い致します。

 

さて、2020年もスタートしたばかりですが、タイトルの通り5つの基準の一丁目一番地を変更します!!

それは2019年に2大ショックがあったから

国交省・経産省・環境省三省合同で決めたロードマップでイキナリ予定変更!
国交省・経産省・環境省三省合同で決めたロードマップでイキナリ予定変更!

これまで『H28年度省エネ基準以上の性能を基本仕様にしている(新築時)』でしたが、1番目のショックは我が国がこれを2020年に全新築義務化を予定していたのをあろうことか見送ってしまったのです!!!

先進国中最低レベルの省エネ性能を義務化にできない国って本当に信じられないのですが、本当に義務化を見送ってしまったのです。。。

トドメG3!!!

地域区分だと4,5,6地域がメインとなります
地域区分だと4,5,6地域がメインとなります

HEAT20は説明はコチラでご確認いただくとして、わたし自身も国が断熱に関して弱腰で全く頼りにならないでホトホト困っていましたがHEAT20のおかげで少しは断熱の重要性や一定の水準が全国区になったことが唯一の救いとして、色んな場面でこの水準を使います。

で、その水準がG1G2とありました。

これまではここまででしたが、このG3というのは1や2とはケタ違いに異なる断熱レベルを示しているのです。

ちょっと戻ってそもそもHEAT20

暖房機でムリクリ温めで室温を20℃にしても断熱がしょぼいと壁床天井の表面温度が低くなり、体感温度としては15℃にまで下がってしまうのだ
暖房機でムリクリ温めで室温を20℃にしても断熱がしょぼいと壁床天井の表面温度が低くなり、体感温度としては15℃にまで下がってしまうのだ

何故、わたしがHEAT20が好きなのかは先の通りなのですが、最大の「好き」ポイントは水準の根拠が”室内の体感温度”で表現しているところなんです。

ご存知の通り、巷にはあふれんばかりの断熱材や工法がありますが、皆、その性能ばかりを謳い、それらを使った結果で説明しているところが少ないんですよね。

ナノデ、断熱材の種類や工法よりも、それらを有効に使った結果、その室内の自然室温が体感温度(室温+平均表面温度➗2)でどれくらいになるかで、その住宅のレベルが誰にでも分かるので、その分かりやすさが明快で、これの水準で説明するのがベストだと思っているからです。

で、その最高水準G3が発表されたのが2番目のショックなのです。

 

そうなるとHEAT20を基準にするのが当然

ということで、HEAT20のG1グレードを最低断熱性能の基準にしました。

これは自然室温でおおむね10℃を下回らないレベルになります。

え、なんでG3にしないの??って思われますよね^^

おっしゃる通りなんですが、この最低基準は素晴らしき地場ビルダーランドのメンバー全社が例外なく取り組むことにこのサイト自体の存在価値があります。

つまり、一部の会社だけがやって、他はやらないではレベルにバラツキがありすぎでそれこそミシュランにならないんですよね。

また、予算のあるお客様にはG3でその他はバラバラでも基本仕様になっていないので、これもまたNG。

だからこそ、国はG1よりももっとレベルの低い基準すら義務化しなかったので、せめて素晴らしき地場ビルダーランドはG1死守!ということで、これを基準にすると変更したのです。

 

だからといって当然G1では終わりませんよ

当然です。

昨今の地球温暖化がもたらす気候危機は本当に待ったなしです。

素晴らしき地場ビルダーランドの特に高気密高断熱グループはG2基本がほとんどですし、中にはG3基本にしようかというところも出てきています。

ナノデ、G1止まりではないことは誤解なきように(*‘∀‘)

最後にUA値についても補足説明

UA値とQ値途中まで似てる計算ですが、最後が異なる
UA値とQ値途中まで似てる計算ですが、最後が異なる

外皮平均熱貫流率【UA】でその数値によってG1~3を分けていますが、そもそもこの説明はコチラをご参照いただくことして、

数値が小さければ小さいほど熱の出入りが小さいのでその分省エネになります。

故に、小さくしようと思ったら究極窓を極力減らして小さくすればUA値自体は小さく出来ます。

でも、それでは南面のおひさまというタダのエネルギーも取得しにくいのでUAは小さくなっても暖房エネルギーが増えてしまいます。

これは色んなシミュレーションソフトで実証済みでこれを否定する人は皆無です。

ということで、UAだけ小さくてもダメでトータルなパッシブデザインが出来てはじめて、分かりやすい目安としてUAを語るという理解をしてもらわなくてはなりません。

また、UAは換気による熱損失も計算されていないのでそこは熱損失係数【Q値】の数値が重要です。でもQ値は延べ床面積で割るので大きい家ほど分母がデカくなり、数値が良くなりがちなのでQ値だけでもダメなんです。

更に気密性能や立地条件、風況等々その土地土地に合ったプランを考えなくてはならないことも当然と言えるでしょう。

その辺の詳細については素晴らしき地場ビルダーランドのプロたちに質問をぶつけてくださいませ(^^)/

検索する

下の検索窓にキーワードを入力して下さい。左側に結果が表示されます。

FLBL基準

FLBLFantastic Local Builder Landの略。本物中の本物って言うからには何を基準にして「本物」と定義しているかはとても重要なことです。

イベント情報

2019年

5月

05日

2019/5/11~12モリハウジングオープンハウス【予約制】

【日にち】2019年5月11日~12日

【場所】水戸市・高萩市2会場

【時間】10:00~18:00

【予約制】https://mo-house.com/blog/19712?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

2017年

9月

26日

2017/9/30~10/1 建築工房住空間オープンハウス【予約制】

【日にち】2017年9月30日、10月1日

【時間】10:00~17:00

【場所】埼玉県熊谷市

*予約制 問合せは 0270-20-5115 までお願いします。

2017年

5月

11日

2017/5/13~14 オープンハウス茨城パッシブハウス

【日にち】2017年5月13日~14日

【時間】10:00~16:00

【場所】茨城県小美玉市

0 コメント

2017年

2月

26日

2017/3/4~5オープンハウス 新建築事務所

【日にち】2017年3月4日~5日

【時 間】4日10:00~19:00

     5日10:00~17:00

【場 所】福島県いわき市

0 コメント

2017年

2月

13日

2017/2/18~19 オープンハウス 茨城パッシブハウス

【日にち】2017年2月18~19日

【時間】11:00~16:00

【場所】茨城県つくば市

0 コメント

ナビゲーターブログ

白アリや虫のこと

お仲間リンク