光熱費ゼロ住宅3,4月の成績は?

紳士服の青木アルアル。

 

やたら閉店セールする。

 

 

 

で、やたら開店セールする。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

売れないのはよくわかるんですが、これぢゃーオオカミ少年と一緒で

消費者は「ぢゃ、いつでも安く買えるじゃん!」ってなりますよね。

消費税も上がったし益々厳しくなるんでしょね。

 

益々厳しいと言えば電気代。

 

下げ知らずで上がって来ていますね。もっともっと上がってくるでしょう。

なんせ原発を動かしたくてしょーがないんでしょうから

原発さえ動かせれば値段下げますよって言いたいんでしょうが

そうは問屋が卸しません。

 

そんな脅しも2016年の電力完全自由化になれば、今の携帯電話みたく

各社が熾烈な割引合戦を展開しますので、“上げてもいいヨ、買わないだけだから”攻撃で対抗できるわけです。

早くそんな電力市場になって欲しいです。

 

それと、消費者は増税にもなったので益々節約をしなきゃーなりません。

月々の光熱費もバカにならないのでしっかり節電して家計負担をやわらげましょう

 

てなことで、3月4月の成績はこんな感じです↓

 

月買電気量買電気代売電気料売電気代エネルギー収支料金収支

4月693kwh12,755円555kwh26,640円-138kwh13,885円

3月659kwh10,454円459kwh22,032円-200kwh11,578円

2月745kwh13,028円354kwh16,992円-391kwh3,964円 

1月807kwh14,063円394kwh18,912円-413kwh4,849円 

 

相変わらずエネルギー収支は赤字ですね。。。

ゼロエネルギーの道は本当に険しいです。

 

料金収支はずっと黒字で4月はおひさまが頑張ってくれたので¥13,885円も浮きました。

来月はいよいよ5月という最大発電量月です。

ここで、何とかエネルギー収支を黒字にしたいですね。

 

 

 

検索する

下の検索窓にキーワードを入力して下さい。左側に結果が表示されます。

FLBL基準

FLBLFantastic Local Builder Landの略。本物中の本物って言うからには何を基準にして「本物」と定義しているかはとても重要なことです。

ナビゲーターブログ