健康あっての人生。

フリーソフトあるある

 

必ず変なアプリをインストールさせられる。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

タダなんだからそれくらいはしょーがないんでしょうけど

やっぱイヤですよね{´┴`}

 

やっぱイヤと言えば、病気。

病気になって健康のありがたみを再認識すると言われますが

まったくその通りです。

 

ボクは風邪薬を飲むのをやめてかれこれ10年弱ですが

これで、ほとんど風邪をひかなくなりました。

ひいても当然長引きませんし、回復が早いです。

 

テユーカ、風邪かな?と思ったら無理をせずに休むようにしています。

それだけ、自分の体に敏感になってこじれる前に自然治癒させてしまってるのだと思います。

 

体調や具合が悪いと当然気分も滅入るし前向きなアイデアなんか

とうてい浮かびませんもんね。

 

で、本題。

人の幸せってナンダッケナンダッケ♬

 

人の幸せは数値で表せないし、考え方も違うので

まさに、人それぞれですよね。

 

でも、ある調査で分かった事は、『健康状態』であることは

圧倒的幸せの条件としている人が多いという事です。

しかも、ぶっちぎりで!

 

2位以下を大きく差を開けての第1位なんです。

 

ボクもやっぱ健康でないと何も始まらないので、条件の第1位にあげますよね。

そして、家づくりにおいても、健康になる、それが難しいなら

少なくとも病気になりにくい家づくりが必要です。

 

それには、段差、手すりとうのバリアフリーはもちろんんのこと、自然素材を使い室内空気質を健康に、

そしてそして、温度のバリアフリー!つまり、家中どこでも温度がある程度一定の空間をつくらなければならないということなんです。

 

これと健康がどう繋がるかと言えば、みなさんお分かりの通り、

温度差の激しい家は血圧の変動が激しく、お年寄りになればなるほど色んな疾患の弊害が出ます。

冗談抜きに外での交通事故よりも中での住宅内死亡の方が圧倒的に多いんですから。

 

夢のマイホームを建てて体を悪くしたのでは目も当てられないですね。

そして、これからだんだん寒くなると、新築でない性能の悪い家は

モロに温度差があるので、体を壊しやすくなります。

新築でも性能が悪いと同じです(何のために新築したんだか(T_T)

 

だから、既存住宅の場合は寒い箇所をつくらない断熱改修は『絶対』なんです。

我慢して断熱改修しないで、家のどこかで倒れたたら、せっかくの貯金や資産も使う事無く

終わってしまいます。

 

それだったら、今以上に健康に長生きする為に、断熱改修をすれば、毎月の光熱費も節約出来て、健康になる

一石二鳥、三鳥のメリットが出てくるんです。

 

エネルギーの事ももちろん大事ですが、自分の幸せの為には

健康が一番です。その為にも、リフォームなら断熱改修を真っ先に考えて欲しいですね。

 

病気になって、不自由になり医者にお金を払うよりも、

家にお金を払って自分はもとより、住む人全員が健康であれば自分も幸せですよね。

 

そんなことで、幸せになりたいのなら断熱改修を!

これがこれからのキャッチフレーズです^^

 

 

検索する

下の検索窓にキーワードを入力して下さい。左側に結果が表示されます。

FLBL基準

FLBLFantastic Local Builder Landの略。本物中の本物って言うからには何を基準にして「本物」と定義しているかはとても重要なことです。

ナビゲーターブログ