変わらないモノ達の集まる家造り  アトリエ・M

伝統的な化粧造りの日本家屋に付け足された増築部分。

意外とよくあるスタイル。

そして ほぼどのお宅も古い家のほうが

手間のかかった良いつくりになっている。

 

昔あたりまえだった事が 

いつの間にか特別な事になってしまい

安く・早くと急ぎ足で進み

終点にも早々とたどり着く。

解体された骨組は

驚くほどにきれいな状態。

30年なんて 材木にとっては

わずかな時間なんだと

壊してみると よくわかる。

これから 

入母屋の家と離れ住宅の融合が始まる。

設計者の言う事ではないかもしれないけど

日本の法律では 古い家の増築は

いろいろな規制があり

ただ付け足す事はなかなか難しい。

離れ住宅を建てて

あとで 合体

それが現実・・・

 

 

震災で増築されたほうが壊れて 古い母屋は何ともなくって

木組みの古い家のほうが はるかに頑丈なんだけど ・・・

昔からの 伝統

古い住宅の棟木に 墨で書かれた幣束があったりすると

時の流れや 昔の職人さんの息吹を感じる。

こういうモノは 繋いでいきたい。

自分たちが見ることはないんだけど

後世の後輩たちへの 言葉無き メッセージ

今 カタログで選ぶ建材の半分以上は

10年後は ほぼ手に入らない。

早いものは 来年には もうない。

土瓦 いわゆるいぶし瓦

母屋と同じ材料で葺く。 

この瓦がなくなる時には

日本の瓦屋根もなくなるだろう。

南面の窓は

スゥェーデン製のサッシ

初めて見たのは 25年前

あの時の感動は 今もはっきり憶えている。

今も あの時のままだ。

北米生まれの樹脂サッシ

基本ペラペラの薄いカタログ

品質とカタログの厚さは 経験上ほぼ反比例する。

外壁も昔ながらの漆喰塗り

当然 新商品もないけど

大昔から

世界中で使われてる材料

雨樋は鋼板製

長い時間がたつと

違いがわかる。

形もいたってシンプルな半丸

ずっと昔からあるモノ

昔は 右官と左官で家を造ると聞いた事がある。

右官は 大工さん

左官は 変わらず左官屋さん

鏝だけで無限のテクスチャーを表現する。

感性が モノを言う。

まだ若い左官屋さんなんだけど

鏝や材料の話になると 止まらない。

それだけ この仕事が好きで

彼の情熱がひと塗りひと塗り 集まり

大きな面となり

家になっていく。

漆喰壁に 杉板の床 天然OILの部屋

昔からずっとあったモノたち。

階段も1枚の杉板

廻り階段部分は幅が広いので

2枚をつないでって事だったんだけど

棟梁と材木屋さんが

「いやいや1枚で材料を探すよ」って言ってくれて

1枚物で施工してくれました。

「いい家をつくろう」って言ってくれた。

高島工務店さん

ありがとうございます。

ここまでは離れ住宅の建替え工事

次回は ここからのリノベーション第2弾。

お楽しみに!

 

文責:本橋浩巳(アトリエ・M)

検索する

下の検索窓にキーワードを入力して下さい。左側に結果が表示されます。

FLBL基準

FLBLFantastic Local Builder Landの略。本物中の本物って言うからには何を基準にして「本物」と定義しているかはとても重要なことです。

イベント情報

2017年

9月

26日

2017/9/30~10/1 建築工房住空間オープンハウス【予約制】

【日にち】2017年9月30日、10月1日

【時間】10:00~17:00

【場所】埼玉県熊谷市

*予約制 問合せは 0270-20-5115 までお願いします。

2017年

5月

11日

2017/5/13~14 オープンハウス茨城パッシブハウス

【日にち】2017年5月13日~14日

【時間】10:00~16:00

【場所】茨城県小美玉市

0 コメント

2017年

2月

26日

2017/3/4~5オープンハウス 新建築事務所

【日にち】2017年3月4日~5日

【時 間】4日10:00~19:00

     5日10:00~17:00

【場 所】福島県いわき市

0 コメント

2017年

2月

13日

2017/2/18~19 オープンハウス 茨城パッシブハウス

【日にち】2017年2月18~19日

【時間】11:00~16:00

【場所】茨城県つくば市

0 コメント

2016年

11月

12日

2016/11/13~12/4オープンハウス 建築工房住空間

開催地:     群馬県伊勢崎市東小保方町

       開催日:   ・11月13日から12月2日  *完全予約制となります。 
             ・12月3日(土)、4日(日) *一般公開   

       時間:      10:00から17:00まで

  ご予約・お問い合わせは 下記までお電話又はmailにてご連絡ください。
  ご予約の方はご希望時間もお願いします。
 (ご希望者が多い場合はご希望時間に添えない場合もございますのでご了承ください。)

TEL 0270-20-5115 
mail  sakaino.jukukan@gmail.com

 

0 コメント

ナビゲーターブログ

白アリや虫のこと

お仲間リンク