地場の工務店ビルダーで建てるメリット

素晴らしき地場ビルダーランドナビゲーターがつっこむシリーズ
ドラマ『理想の息子』より仮面ライダーの方が完成度が高い。
++++++++++++++++++++++子供が好きなので付き合って見ましたが、ストーリーは仮面ライダーみたいですよね^^野島伸司もどうしちゃったんでしょね。。。
どうしちゃったというか、どうしたことか?先週にニュースでどっかの会社が三年に一度の意識調査をして「この先どうなるか」のQに多くの回答が「よくなる」と答えていたそうです。
震災があり、円高が続き、政治も不安定、国際情勢も・・・と言うような中で前向きな回答が多かった理由に震災後地域の繋がりの重要性が再認識でき、これからは地域社会とともに色んな苦難を乗り越えて行こうというような意識が芽生えたと分析していました。
ボクは思わず「素晴らしい!!」と吠えました^^
これぞ、ニッポン人!さすが、ニッポン人!
やはり、人間一人では生きて行けないし家族や友人、地域に助けられ、時には助けお互い扶助しながら生きていかなくてはならないんですよね。
3.11は確かにそういうニッポン人が忘れていた大切なことを思い出させてくれたのだと思います。
こんなことを簡単に言う資格も立場も無いのですがネ。。。
地場に生きている会社は転勤なんて無いので嫌だから引っ越すということは地場への決別で二度と戻って来れないという覚悟の行為だと思います。
それくらい地場に根を張るということは覚悟のいることなんだと。
つまり、地場で無い会社で転勤や人事が頻繁にある会社で建てるということは地域の繋がりや絆の無い人に一生の家を面倒見てもらうということなのです。
当時の担当者が転勤になれば後任者へ引き継ぎはするものの施主に対する愛着や忠誠心というのはなかなか起きにくいものですよね
災害や予期せぬ出来事が起きた時に繋がりの薄い関係でどうやって乗り越えて行くのでしょうか?
もちろん、保険や保証というお金で解決できる部分もあるでしょうが所詮、契約書に書かれてあること以上のことはしてくれませんよね
そりゃ、何もかも地場繋がりで解決出来るとはいいませんがそういう冷たい契約書だけの関係では無いはずです。
今回の素晴らしい意識調査の結果は恐らく、そういう地場・地域の人々の温かいほどこしに感激して「未来は明るい」宣言を多くの方がしたんだと思います。
家と言う人生最大の買い物。一生涯自分や家族を守ってもらう器を地場で無い全然関係の無い本社や転勤する相手にお願いしていいのでしょうか?
誠に手前ながらボクの運営するポータルサイトの5大基準のひとつ、掲載条件には2県以上をまたがって会社を持っている所は一切掲載していないのはそういう理由があるからなんですね。
何度も何度も言って大変恐縮ですが人生最大の買い物です。後悔しない為にこういう要素もしっかり考えていただきたいです^^




検索する

下の検索窓にキーワードを入力して下さい。左側に結果が表示されます。

FLBL基準

FLBLFantastic Local Builder Landの略。本物中の本物って言うからには何を基準にして「本物」と定義しているかはとても重要なことです。

ナビゲーターブログ