低燃費住宅のやなぎたハウジング

賢い家をつくろう。いま普通に家を建てると「設備に頼った住まい」になってしまう。

本当に心地よい住まいを手に入れいたのであれば、パッシブデザインにお金と手間をかけるのが賢い。そんな家づくりを楽しみませんか。

 

有限会社 やなぎたハウジング

〒321-4517 栃木県真岡市阿部品572-1

tel 0285-74-4655

fax  0285-74-4657

e-meil info@yanagitahousing.com

hp     http://www.yanagitahousing.com/

 

        

会社マップ

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

Blog

「那珂川の家」no5、付加断熱工事 ()
付加断熱工事断熱材はグラスウールで、密度20、厚み105mm、熱伝導率0.035国内産では最高の断熱性能です。透湿防水シートはタイベック幅3mタイベック(白色)部分は東側・・・お気づきでしょうか・・・窓があ...
>> 続きを読む

「那珂川の家」no4 基礎断熱の施工 ()
付加断熱の下地をここまで作って「ストップ」断熱材を入れてしまうと耐震用面材の釘打ち状態が確認できません。ですからこのままで躯体検査待ちとなります。その間に一階の床づくりをします。が『その前に基礎の...
>> 続きを読む

「那珂川の家」no3上棟です。+床断熱ついて。 ()
27日から28日でお陰様で、上棟できました。特に28日は午後は雨でした。予報的中!!!弊社ではほとんどが桁上で断熱、気密を取ります。桁上に厚み24mmの合板、室内側にヒノキを貼ったものを貼っています それは...
>> 続きを読む

「那珂川の家」基礎工事中なので「基礎断熱」について・・・no2 ()
​ 只今基礎工事中弊社では、新築なら基礎断熱、断熱改修工事なら床断熱が多いです。それは既存の基礎を生かすために床で断熱するを選択します。※床下と室内を循環させる[ガラリ]は床下に 塵などが落ちるからダ...
>> 続きを読む

那珂川の家「着工しました。」no1 ()
只今基礎工事中着工までを振り返ってみます。出会いは、HPを見て⇒来社頂いて⇒近くのOB宅を見学⇒設計、見積見積金額の調整⇒契約⇒着工です。設計での提案は付加断熱:柱間120mm付加105mm熱抵抗値R3.4グラスウール※...
>> 続きを読む

twitter

検索する

下の検索窓にキーワードを入力して下さい。左側に結果が表示されます。

FLBL基準

FLBLFantastic Local Builder Landの略。本物中の本物って言うからには何を基準にして「本物」と定義しているかはとても重要なことです。

ナビゲーターブログ